さいたま市 浦和区 ピアノ教室 ぴぷら
サイトマップ
Home さいたま市 浦和区 ピアノ教室 ぴぷら ぴぷらの特徴 どんなレッスンを目指すのか レッスン料・月謝とコースのご案内 ボストンピアノがあるレッスン室 講師 板谷潔 プロフィール 日々のレッスンやピアノ演奏のポイントなどを書いた日記 お問い合せ ピアノ教室ぴぷらからのリンク

December 2009
  2009年12月
S  M  T  W  T  F  S
      01 02 03 04
05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31       
November 2009
October 2009
September 2009
August 2009
     
 

<<2009年11月 | 2010年1月>>
2009年12月31日(木)
本年もお世話になりました

2009年も残すところあと数時間。
1年も振り返ってみるとあっという間ですね。

今年はホームページを通じて、
たくさんの新しい生徒さんと交流を持つことができました。
そして、いろんなピアノ演奏にふれさせてもらいながら、
私自身もたくさん勉強させてもらいました。
どうもありがとうございます。

2010年も、今年以上にぴぷらと深くそして楽しく、
変わらぬお付き合いを、どうぞよろしくお願いいたします。

新年は1月6日(水)よりレッスンを開始しております。

それでは、皆様が、健康で幸せな新年を迎えられますように。

2009年12月14日(月)
もうすぐクリスマス

一段と寒さが増して、生徒さんはレッスン前のかじかんだ手に悩まされているようです。手袋対策もそろそろ必要なじきですね。教室に着いたら、お話でもしながらオイルヒーターでしっかり手を温めてくださいね。

先日、親しい友人同士でピアノのあるバーを借り切って、クリスマスパーティーをやりました。私の友人も多数参加してくれ、会場にはピアノがあったこともあり、BGMは基本的に生演奏!という贅沢なパーティでした。

やっぱり生演奏はいいですね。演奏している人のオーラや息使いを感じながら聴くのはとてもエキサイティングなことですし、自分の演奏にも生かせるアイディアを見付けられたりもします。

ただ、このパーティー、人の演奏を聴くだけではなく、なんと自分も演奏することになってしまい、パーティーまでの毎日は練習との戦いでした。その練習がなかなかはかどらす、本番に間に合うのか冷や汗ものでしたが、普段は生徒さんに伝えているレッスン内容を、自分の心に言い聞かせ、なんとか本番を乗り切ることができました。

機会があれば、教室でもクリスマスパーティーやってみたいなぁ。その時は、みなさん1曲ずつ披露してくださいね。

●写真左:パーティーでの演奏(ショパン:幻想即興曲)
  顔がこわばってます(笑)もう少し姿勢良く弾けるようになりたいものです。

●写真右:パーティーでお友達から頂いたクリスマスツリー
  色のついた水が入ったボールがガラスのツリーに掛けられます。
  色の順番は好きに変えられるので、毎日掛け変えようかな。

(写真をクリックで拡大表示されます)

  Homeお問合せ▲TOP

2009年12月1日(火)
新しい楽譜が渡されるまで

楽器屋さんの楽譜売り場へ行くと、4時間くらい平気で時間がつぶせます。

新しい教材や使った事のない教材の中から、今、ぴぷらに通って来てくださる生徒さんに良さそうなものを探すのに夢中になって
しまうんですよね。

「あの本が終わったら、普通はこの本だけれども、あの子にはこっちの本の方が合ってるんじゃないか」とか、

「あの曲やりたいって言ってたけれど、その前にこの本をやっておいたらその曲が弾きやすくなりそうだな」とか、

新しい楽譜を開くたびに、いろんな生徒さんの顔が浮かんできて、あっという間に時間が過ぎていくんです。

売り場で楽譜を見れば、だいたいどんな曲かは分かるんだけど、
ピアノで弾いた時の感触とか手ごたえって、
やっぱり実際にピアノに触れないとなかなかつかめない。

ましてや、自分が弾いたこともない、ただ楽譜を見ただけの曲を生徒さんに渡すなんて、やっぱり怖くてできない。

となると・・・、

気になったものは全部購入!!

となってしまうわけです。

多い時には2万円以上の楽譜を一度に買ったりもしますが、
これで生徒さんがグングン成長してくれるのならば、
決して無駄なお金ではないと信じています。

今日はまとまった時間がとれたので、最近買いためた楽譜を弾いてみました。
実際にピアノで弾くと、意外に簡単に弾けてしまうものや、
思った以上に手ごたえが強くて、すぐにはレッスンに活用できなさそうなものも見つかったりします。

でも、この作業をしないと、簡単過ぎたり難しすぎる教材を生徒さんに渡してしまうことになるので、絶対に欠かすことができません。
新しい楽譜をもらった時、期待に輝く生徒さんの瞳を裏切らないためにも、
いい曲がたくさん見つかるように、これからも頑張ります!

と、真面目な事をここまで書きましたが、
新しい楽譜を弾くのって、私もとても楽しいんです。
知らない曲との出会う楽しみを、生徒さんにも伝えられたらと思います。

 Homeお問合せ▲TOP

 
Copyright(C) 2009 p+ All Rights Reserved.