さいたま市 浦和区 ピアノ教室 ぴぷら
サイトマップ
Home さいたま市 浦和区 ピアノ教室 ぴぷら ぴぷらの特徴 どんなレッスンを目指すのか レッスン料・月謝とコースのご案内 ボストンピアノがあるレッスン室 講師 板谷潔 プロフィール 日々のレッスンやピアノ演奏のポイントなどを書いた日記 お問い合せ ピアノ教室ぴぷらからのリンク

  August 2009
  月 火 水 木 金
                  
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31              
 
     
 


2009年9月>>
2009年8月27日(木)
ピアノで表現するということ

レッスンをしていると、「何にも指示がないから、ここは強く(弱く)で弾いていい?」と聞かれることがよくあります。この質問には「どう弾いてみたい?」という質問返しをいつもします。私に答えを教えてもらえると思った生徒さんは、“イジワル”と言わんばかりの表情で、しばらく考え込んでしまいます。

でも、この自分で考えるという行為が、ピアノを弾く上でとっても大切だと感じています。自分で考えたようにピアノで弾いてみて、“何だかおかしいな”と感じたら、また違う方法を考えてみる。そしてまた試す。そうやって自分の音を聞きながら、いろいろ試して自分が納得のいく演奏ができた時、いつの間にか説得力のある立派な演奏になります。

考えずに、「ここは弱くね」と言われて弱く弾いた音と、何度も試して自分が納得して出した弱い音には、不思議と大きな差が表れます。ぴぷらのレッスンでは、そしてそれぞれの生徒さんらしい演奏ができるようになるために、この考えることとたくさんのアイデアを試すことを必ずやります。

もし、練習に行き詰ってしまったら、一度ピアノから離れて、楽譜とにらめっこしながら、あなたなりの考えをまとめてみてはいかがでしょうか?きっとすぐにでもピアノに向かって自分の考えを表現したくなると思いますよ。

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月21日(金)
練習曲

練習曲(=エチュード)と聞くと身構えてしまう方も多いかもしれませんが、この練習曲集は本当に楽しみながらテクニックが身につきます。練習曲なのに、きれいなメロディーやかっこいいリズムの曲が多く収められていて、飽きずに練習できると思いますよ。

ツェルニーに代表されるような、ひとりの作曲家による練習曲をひたすら弾いていると、テクニックは身に付くけれども、やはり偏りがあることは否定できません。練習曲でもいろいろな作曲家の作品を学ぶことによって、より多くのレパートリーを難なく自分のものに出来るようになれると思います。特に時間の限られている大人の方で、しっかりとした基礎を身に付けたい方には、この曲集がとっても合っているんではないでしょうか。

ホームページができて、新しくレッスンに来られる方が増え、改めて教材の大切さを感じています。どんな教材でも、使い方次第では効果が出ないばかりか、生徒さんの負担になる場合もあります。しっかりと教材の特性と生徒さんの現状をすりあわせて、より効果的にレッスンができるように研究したいと思います。

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月19日(水)
ぴぷらモバイルOPEN
モバイルサイトへも来て下さいね。

ぴぷらのホームページに携帯用のサイトができました。
これで外出先からも、携帯しかお持ちでない方も、
ぴぷらのサイトにアクセスして最新の情報を確認することができます!

いやぁ、実はパソコンにあんまり詳しくないので、
携帯のサイトを作るのにはとっても苦労しました。
なにせ調べても調べても専門用語ばかり出てきてわかりにくい!
初めて楽譜の読み方を勉強している人の気持ちがわかった気がします。
ぴぷらでピアノを習う方には、決して同じ思いはさせませんので、
安心してピアノを楽しみにきてくださいね。お待ちしております。

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月13日(木)
音楽+育児
児童館でのコンサート
ミュージカルより ピアノソロも

大学時代の友人(ソプラノ)が母親になり、
児童館で2〜3ヶ月に一度コンサートを一緒にやっています。

前回のコンサートでは、子供だけでなく乳児を抱えるお母さんにも育児の大変さを忘れて生の音楽に触れてもらおうという企画で、テーブルにはハーブティとアロマキャンドルを置いて、おとな向けの曲もまじえながら1時間のコンサートを開きました。

子供たちは、クラシックの曲でもリズムに乗って体を動かしたり、
早い曲になると走り回ってみたりと、自然な反応。
弾きながら子供の動きを見るのが楽しかったです。

音楽の大切な部分を再確認させてもらえた気がしました。

お母さん方も、普段は子育てや家事に追われていて、
音楽に触れてみようという余裕が出てこない様でした。
もっと子供と一緒に音楽に触れられるコンサートがあってもいいかもしれないですね。

これからも児童館でコンサートを開いて、小さな子供たちにも生の音楽に触れる機会を作れたらなぁと思います。

<今回の演奏曲目> *:ソプラノ+ピアノ ☆:ピアノソロ
・サウンド・オブ・ミュージックより「サウンド・オブミュージック」*
・キャッツより「メモリー」*
・オズの魔法使いより「虹の彼方に」*
・ソナタ「月光」(ベートーヴェン)☆
     〜休憩〜
・ワルツ 変イ長調(ブラームス)☆

・中国地方の子守唄(山田耕作)*
・トロイメライ(シューマン)☆
・この地球に生まれて(成底ゆう子)*
・ジャンニスキッキより「私のお父さん」(プッチーニ)*
・ラ・カンパネラ(リスト)☆

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月6日(木)
ピアノ+ねこ


YouTubeでこんな映像を見つけました。



うまく再生できない場合はこちらからどうぞ。

Nora(ノラ)という猫がピアノを弾いて(?)いる映像に、
オーケストラの生演奏で伴奏を付けたものです。
こんな素敵なコンチェルト、聴いたことないですよね。

雰囲気が少しラヴェルのピアノ協奏曲にも似ているような、
うっとりする曲に仕上がっています。
ソロを担当している猫もなんだか気持ち良さそうですね。

僕もレッスンの時には、簡単な伴奏を付けることがよくあります。
自分の演奏に伴奏が付くのってとっても楽しいですよ。

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月3日(月)
音楽+ドライブ
楽譜?!

群馬の伊香保温泉と水上へ週末旅行へ行ってきました。

行きの高速道路でふと道路脇をみていると、
なんだか見慣れたレイアウトが目に入ってきました。(写真)
そうです!五線譜です!!

道路脇にガードレール代わりに張られたワイヤーが5本。
高速で走る車から見ると、並行に張られたワイヤーが
五線譜のようです。

しかも、ワイヤーを支えてる支柱が小節線に見えて、
(写真ではわかりにくいのが残念)
僕の頭の中では色々な曲が流れていました。

関越道を走られる際には、
道路脇の五線譜でいろんな曲を書いてみてはいかがでしょうか。

 Homeお問合せ▲TOP
2009年8月1日(土)
ホームページオープン!


ようこそ、さいたま市浦和区のピアノ教室ぴぷらへ!


今日からいよいよこのホームページがオープンし、
わくわくドキドキしながら初めての日記を書いています。

ぴぷらをすでにご存知の方もそうでない方も、
このホームページを通じて、
よりぴぷらと仲良くなっていただければと思います。

この日記では、レッスンに関係することだけでなく、
日々の仕事や生活で感じたことを書いていきたいと思います。

普段のレッスンと共に、
ページや日記の更新も頑張っていきますので、
今後ともよろしくお願いします。

最後に、ホームページオープンにあたりまして、
協力してくださった皆様に感謝します。


Copyright(C) 2009 p+ All Rights Reserved.